“Knowing is not enough, We must apply. Willing is not enough, We must do !!”


Jeet Kune Do JAPAN President
“Hiro Watanabe”Profile

  ブルース・リー ズ ジュンファン・グンフー/ジュンファン・ジークンドー

             日本人継承者 : ヒロ 渡邉

本  名 : 渡邉 一弘(ワタナベ カズヒロ)

生年月日 : 1959年4月9日

出 身 地 : 東京都中央区月島

総武術修行歴 : 47年(2016年現在)

ジュンファン/ジークンドー修行歴 : 39年(2016年現在)

武術/格闘技に関する自歴

1969年、初めて武道修行として伝統派空手道(糸洲流)を習い始める。その後、ブルース・リー師祖の「燃えよ!ドラゴン」を観て影響を受け、ブルース・リー師祖が截拳道の創始者であることを知ると同時に、截拳道とは何か?という研究に入る。古今東西の武術/格闘技/リング・スポーツを1994年まで約40流派ほどの技術、原理、戦略術などを身をもって体験、吸収してきた。それはジークンドーとはコンセプト?であるという教えと、映画・舞台のアクションに様々な用途として使えるのではないかという理由であった。

1977年、友人の荒木之博氏が渡米し、日本人として初めてダン・イノサント氏よりブルース・リー師祖の武術を習う。帰国後、習ってきた技術を2人で練習。

1979年に荒木氏の尽力により米国からインストラクター(ジョン・ラダルスキー氏)を招き、品川に日本初のジークンドー&フィリピノ・カリを教えるスクールが開校し、荒木氏より、インストラクターのアシスタントを依頼されるが、当時通っていた大学では体育会空手道部(松濤館流)に所属し、芸能界でアクションの仕事をこなし多忙であったため、アシスタントはせず、行ける時にのみ練習をこなしていた。

1984年、初渡米し、ブルース・リー師祖の弟子であったダン・イノサント氏およびラリー・ハートセル氏より直々に教えを授かる。

1987年、日本人として最初のインストラクターとなり、ダン・イノサント氏よりインストラクターの認定証を直接授かり、日本人インストラクターによる日本人への普及活動が初めて開始された。

1992年、所属していた米国の本部スクール(コンセプト・グループ)との間で問題が起こり、実質的にコンセプト・グループから脱会する。

1994年、友人の柿沼氏が米国よりインストラクター(マーク・ステュワート氏)を招き、セミナーを開催。実に7年ぶりの再会であったが、私のように不当かつ不名誉な扱いを受け、脱会したインストラクターが、米国や他国に多数いる事実を知ることとなる。

1996年、マーク・ステュワート氏の尽力により、テッド・ウォン師父よりブルース・リーズジークンドーを伝授していただける許可を受ける。同年、日本人がテッド・ウォン師父より真実のブルース・リーズジークンドーを直接学ぶことができるようにするためのプロモーターとしての活動を開始。

1998年、再来日したマーク・ステュワート氏より、彼が主催する会のインストラクター認定証を授かる。

2000年、テッド・ウォン師父より正統ブルース・リーズジークンドーのインストラクター認定証を日本人として最初に授与される。

テッド・ウォン師父が亡くなるまでの間、毎年1度は渡米し、テッド・ウォン師父よりスパーリングを中心にしたプライベート・レッスンを受けると同時に、非常に重要な内部構造のブラッシュ・アップを積み重ね、現在テッド・ウォン師父の弟子の中でもその実戦的実力は上位レベルである。

inserted by FC2 system